emoji of a bee

by Woozles

/
  • Cassette + Digital Album

    1st press Matcha latte tape 60 copies,
    your number , booklet
    woozles Sticker+galaxy Sticker

    Includes unlimited streaming of emoji of a bee via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ships out within 5 days
    2 remaining

      ¥800 JPY or more 

     

  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥700 JPY  or more

     

1.
02:06
2.
02:25
3.
4.
5.
02:24
6.
7.
8.
02:07
9.
02:45
10.
01:55
11.
12.
03:59

about

USコネチカット州を拠点に活動するConor Ryanの一人ユニットwoozlesの最新アルバム。日本でも人気レーベルとなっているスロバキアのz tapesから2本のカセットリリースを重ねてきました。カラフルなベッドルームポップからどことなく哀愁漂うエモな曲まで彼の幅広い才能が存分に発揮された傑作!
Vivi Marcelによる可愛くて美しいアートワークもこのアルバムを更に魅力的にしています。


-bio-
It’s not uncommon for artists to struggle with putting a genre label to their music in this day and age. Now more than ever it seems, artists feel comfortable dipping into various aesthetics and styles, even in a single release. Solo project of Conor Ryan, Woozles, is an exemplary display of what beauty can result from this sort of eclectic approach. More electronic moments can switch from energetic and danceable to dark and atmospheric at the drop of a pin. Emo tinged pop-rock tracks reveal a louder side to the project. Then, throw into the mix a few experimental, instrumental, and sample-ridden tracks. What results is a charming collection of songs showcasing the vast range of talent possessed by Woozles. Though the sonics may change from song to song, two things remain consistent throughout the project’s work - impeccable, emotive, and deeply thoughtful songwriting; and Conor Ryan’s notably deep, resonant, and rich vocals. These characteristics serve the project well; they act as a commonality among the wide ranging execution of genres. Ryan’s smooth, relaxation-inducing voice and poetic, introspective songwriting ability will anchor listeners to Woozles, regardless of whatever sonic realm the project finds itself in.

アーティストがこの時代に音楽にジャンルラベルを付けるのに苦労することは珍しくありません。これまで以上に、アーティストは、1回のリリースでも、さまざまな美学やスタイルに満足しているように感じます。ウーズルズのコナー・ライアンのソロプロジェクトは、この種の折approach的なアプローチがもたらす美しさの模範的な展示です。より多くの電子的な瞬間は、ピンの一滴でエネルギッシュでダンス可能なものから暗い雰囲気のあるものに切り替えることができます。エモを帯びたポップロックのトラックは、プロジェクトの大きな側面を明らかにしています。次に、実験、インストゥルメンタル、およびサンプルを使用したトラックをいくつかミックスに追加します。その結果、ウーズルズが持つ幅広い才能を紹介する魅力的な曲のコレクションができました。音は曲ごとに変わる可能性がありますが、プロジェクトの作業全体で一貫性が保たれているのは2つです。そして、コナーライアンの特に深く、共鳴し、豊かなボーカル。これらの特性はプロジェクトに役立ちます。それらは、幅広いジャンルの実行の共通点として機能します。ライアンのスムーズでリラクゼーションを誘う声と詩的で内省的な曲作り能力は、プロジェクトがどんな音の領域にあるかに関係なく、リスナーをウーズルに固定します。

credits

released March 3, 2020

Co-release with Feels So Reel (USA)
you can order a tape from Feels So Reel if you're in the U.S.! feelssoreelmusic.bandcamp.com

written, performed, recorded, and mixed by Conor Ryan

mastered by Ryan Underwood

album art by Vivi Marcel

additional vocals on "who???" by Claire Chapman

released on tape via Feels So Reel and Galaxy Train

license

all rights reserved

tags

about

galaxy train 名古屋市, Japan

indie pop label from Japan

contact / help

Contact galaxy train

Streaming and
Download help

Redeem code

Report this album or account

If you like emoji of a bee, you may also like: