Piano Lessons

by R. Stevie Moore

/
  • Cassette + Digital Album

    120 copies,
    your number , booklet lyrics
    R. Stevie Moore sticker+galaxy sticker

    Includes unlimited streaming of Piano Lessons via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    ships out within 5 days

      ¥800 JPY or more 

     

1.
2.
3.
02:11
4.
03:21
5.
6.
02:30
7.
02:45
8.
9.
10.
01:28
11.
02:49
12.
13.
14.
15.
01:22
16.
15:01
17.
01:43

about

50 年間で400以上の作品を作ってきた宅録のゴッドファーザーR. Stevie Moore1977年作。エレクトリックスピネットピアノを用いて録音された今作「ピアノレッスンズ」はカセットテープのセルフダビングで通販でのみリリースされ(後に CD-R でも通販のみで自主リリースされた)、discogs でも一度の取引もないというウルトラ激レアタイトルで世界初のリイシューになります。カセット前半は、刺激的で美しいポップソングを中心に可愛さもある曲が次から次へと飛び出してきます。アルバム後半はジャムセッション風で実験的な曲が収録されています。スポットライトを一度も浴びたことがない作品ですが楽曲の良さ作品としてのまとまりは素晴らしく代表作の1つと言えるでしょう。



AMG REVIEW: 1977's Piano Lessons is a unique experiment in R. Stevie Moore's oeuvre. Recorded at his friend Victor Lovera's house on a borrowed electric spinet, the album is built entirely on the peculiarly '70s sound of that instrument. (Think Steely Dan, Stevie Wonder, or Paul Simon's "Still Crazy After All These Years.") Most of the tracks are entirely solo performances, like the lilting "Funny Child" (which later showed up on the 1979 album Delicate Tension), the Philip Glass-goes-pop "Broke Up," or the lovely, shimmering instrumental "Silent Afterthought." A handful of tracks feature other players, and for once, Moore doesn't do his trademark one-man-band overdubbing. The first ten songs are typically good-to-great Moore pop, highlighted by the perky nic fit "I Wish I Had a Cigarette." The second half of the CD, starting with "In 2001," is entirely instrumental, including the energetic jam session "Dow vs. Mathers" and the pretty title track, which features a melody similar in parts to the soon-to-be-written "Delicate Tension." Although Piano Lessons isn't quite up to the major leap forward Moore would take on his next two albums, Swing and a Miss and Sheetrock, it continues his restlessly experimental streak.

–Stewart Mason, All Music Guide

1977年の「ピアノのレッスン」はR. Stevie Mooreの作品の中でユニークな実験です。彼の友人のVictor Loveraの家で借用したエレクトリックスピネットで録音したアルバムは、その楽器の独特の70年代のサウンドを元に作られています。 (Steely Dan、Stevie Wonder、Paul Simonの「Still Crazy After Years」など)ほとんどのトラックは完全にソロ演奏で、後に1979年のアルバム「Delicate Tension」に登場した。 Philip Glassのポップス「Broke Up」、またはキラキラと輝く素敵なインストゥルメンタルの「Silent Afterthought」。一握りのトラックが他のプレーヤーを呼び物にします、そして、しばらくの間、ムーアは彼の商標ワンマンバンドオーバーダビングをしません。最初の10曲は典型的には善意のムーアポップで、「私はタバコを持っていたかった」という気持ちのいいフィット感で際立っています。 CDの後半部分は、 "In 2001"から始まり、元気いっぱいのジャムセッション "Dow vs. Mathers"や、まもなく完成するのと似たメロディーが特徴の可愛らしいタイトルトラックなど、完全にインストゥルメンタルです。 「繊細な張り」と書かれています。ピアノのレッスンはMooreが彼の次の2枚のアルバム、SwingとMissとSheetrockに取りかかるであろう大きな前進には至っていませんが、それは彼の落ち着きのない実験的な流れを続けます。

credits

released March 2, 2019

Taped late 1976 to early Jan. 1977 at Victor Lovera's red house at 227 Harrington Ave, Madison TN; on his friend Mark Rutter's (Smashers keyboardist) electric spinet piano ALONE. Otherwise, brother Gary sings along on 7; Joe Haywood sings along & Mike Hopper plays flute on 2 (which was recorded at Billy Anderson's 2219 Pennington Bend); Fagan Arouh plays guitar & Vic plays bass on 11; 14-18 is a Xmasday76 THC Jam with RSM on guitar, Vic on bass, Mark on synth & unknown drummer. RSM portrays Gingerbaker in closing (16).


r. stevie moore
rsteviemoore.bandcamp.com

license

all rights reserved

tags

If you like Piano Lessons, you may also like: